高齢化

証券会社の人と話す中で知ったことです。労働人口が非労働人口(子供と老人)に対して1.8倍を超えると

 

経済が成長するらしいです。日本が1.8倍を超えたのが1960年代で割り込んだのが1989年、つまりバブル

 

崩壊前のタイミング。この間に株価は44倍にもなったそうです。面倒なので確かめていませんが、なんと

 

なく納得です。まあ、この20年間は確かに経済発展していましたね。

 

中国は、この期間が極端に短かったようでこの先大きな発展はなさそうな気がするとも言ってました。な

 

ぜ?…そう、一人っ子政策です。世界の株を扱うだけあって、さすがにお詳しいです。勉強になります。じ

 

ゃあ、この人口比を迎える楽しみな国はどこかというと、インドだそうです。インドは一人っ子政策を行な

 

っていませんから、数十年はその状態が続くとみられているそうです。7、8年のうちには、人口で中国を

 

超えることは知ってましたが、人口比のカラクリは知りませんでした。BRICsの一国であるインド…投資の

 

世界では今後が楽しみですね。

 

さて、高齢化が急速に進む日本は今後どうなるんでしょうかね。色々勉強して先読みしなきゃ。