お席へのご案内

家族で食事へ出かけました。

 

その店は、受付を店内に設置された機械で行っています。役所や、銀行で

 

見られるような受付番号を発行する機械です。その他に、アプリでの予約も

 

受付ていて、店に着いたらその機械でチェックイン手続きをするシステムです。

 

予約は4桁の番号、来店受付は3桁の番号に分けられていて、順番が回って

 

きたら、その番号で呼ばれて席に案内されます。繁盛店なので、私は予約して

 

行くことにしています。

 

 

今日は、その前の予定が早く片付いたので、予約より20分ほど早く着いてし

 

まいました。空いていたら早く案内されるかもしれないと思いそのまま待つこ

 

とに…。すでに満席状態ですが、回転もよくて、会計する人の列も出来ていま

 

した。そして、次々に来店し受付をする人が絶えません。10分も待つと、

 

待っている人の半数は入れ替わっていました。さらに5分待つと、ん?

 

私たちより遅い受付の人が席へご案内。3桁だから来店受付の人。ま、予約の

 

時間より前だから、いいんだけど…なんか釈然としない思いがしました。

 

 

また悪い癖が出て分析しちゃいました。そもそも予約する人は

  1. 待ちたくない
  2. 時間通りに食事したい
  3. その店で確実に食事したい
  4. あるいは、待つ人を尻目に席に案内されたい

などを期待しているのではないでしょうか?(4つ目は無いかな?)

 

2、3が理由の人なら問題ありませんが、理由が1、4の人なら、「チェック

 

インしてるんだから早く案内してよ」ってことになります。システム上問題なく

 

ても、運用を間違うとこんな不満が生まれるのでは無いかなと感じました。

 

接客では、いろんなことを想定しないといけないですね。勉強になりました。

 

 

ま、運用の改善を期待するより、今後は予約していてもチェックインと同時に

 

来店受付をすることにします。どちらか早い方を生かして、遅い方を放棄すれば

 

いいのですから。これにて一件落着。