エクセルVBA


あなたにもできるEXCEL VBA

データベースをピボットテーブルを駆使して集計し毎日報告書を作成する。そんな退屈な仕事をしていませんか?繰り返しのルーティンワークは、毎日5分のことでも短縮したいもの…。今のまま仕事を繰り返しオペレーターとして働くか?改善してクリエーターとして働くか?あなた次第です。

改善によって余った時間を付加価値の高い仕事に振り替えられれば、きっとあなたの評価はうなぎのぼり。エクセルVBAを使って、集計業務から解放されましょう。

サンプルを試してください

VBAの本を買って読んでみたものの、思うようなマクロがどこに書いてあるんだか判らない。そんな、体験をした方も多いでしょう。実は、私もそんな一人です。

私自身は本当のマクロ使いではないと思います。深く勉強すれば、もっとシンプルなマクロが存在していることも認識しています。しかし、これから説明する3つの構文を使うだけで、殆どの集計は瞬時に行われます。エンドユーザーの業務には充分です。

サンプルを試して、手応えを感じた方はテキストを販売しております。下記「学習テキスト販売」のメールアドレスへご注文下さい。あなただけのマクロを作成してみましょう。

 

 

【サンプル】

ダウンロード
空白を埋める
エクセルではジャンプから空白セルを選択して空白を埋める作業ができますが、VBAを使えばワンクリックで完了です。
空白を埋めるマクロ(サンプル).xls
Microsoft Excelシート 168.0 KB
ダウンロード
データベースからクロス集計を行い、差異分析まで自動化
データベースと各テーブルからエリア別にクロス集計します。ピボットテーブルでも作業できますが、マクロだとワンクリックで完了です。データの増減に左右されません。
クロス集計サンプル.xls
Microsoft Excelシート 404.5 KB

学習テキスト

r-hashimoto@ryu-consul.com へ「テキスト希望」でメール下さい。

使ってみた感想を頂けることを前提に、無料で提供いたします。

 

スタートが早ければ早いほど、無駄な作業が削減され業務効率が格段にアップします。難しい本で時間をかけるより、テキストの3つの構文を習得することをお薦めします。